BLOG

2020/3/20~22 天狗原山~金山 キャット&キャンプ

当初は信越トレイル縦走ツアーを予定していましたが、積雪不足により全く別のツアーに変更し、例年ならGW前後に行くことが多い妙高エリア最深部の天狗原山~金山へ。キャット(雪上車)が使用できることになったので、少雪の今シーズンは前倒しで行ってきました。そして今回がインフィールド初のキャットツアー。



荷物満載で狭くなった車内ですが、なかなかできない体験に皆さん楽しそう。



定員ギリギリで出発!



我々ガイドはスノーモービルで追跡。



降雪が続く中、快調に進む大原製の雪上車。



ここからは歩いて移動。



定番となった共同装備運搬用の橇。



3月なので橋の上の積雪量はさすがに多い。



今回のテント村。



食事用テントで快適な夜。鍋をつまみに熱燗がすすみます。。。



天候も回復し、気持ち良い朝を迎えました。



朝日を浴びながら川沿いを。



いつもなら雪がなくなった頃に登る尾根も、しっかり雪がついています。



それでもシールでは登れない斜度なので、板は担いで台地へ。



最初の難関を通過して一休み。



ウサギの足跡に埋め込まれたブナの葉。



少々斜度がありますが、気持ちの良いブナ林。



このブナ林を登りきると、



目指す稜線が見えてきます。



前日の降雪で斜面は真っ白。



三田原山をバックに。



火打山をバックに、更に奥へ。



ボードを背負って頑張ります。



大斜面を前に休憩。



北斜面をひと滑り、雪質もまずまず。



次の斜面の滑走ライン確認。



滑らかな地形が魅力。



再び上へ。



目指すピークはもうすぐ。



尾根を吹き下ろす風。



我々だけの最高のロケーション。



焼山、火打山をバックに。



吹き溜まりにはドライな雪。



気持ちよくスプレーも上がります。



光と影の時間。



面はきれいですが、少々クラスト。



ボトムまで滑り込み、



最後の登り返し。



急斜面を下ってテントサイトへ。朝から夕方まで長い時間お疲れ様でした。



前夜に続いて、テントで鍋パーティー。しかも満点の星空。(Photo by K,Okubo)



最終日の朝はゆっくりしてから裏山へ。残念ながら雨が強くなってきたのですぐ撤収。



テントサイトを見下ろしながらの滑走。



雨の止み間を狙ってテント撤収。ギリギリのスノーブリッジを渡って戻りました。


雨と雪解けで沢の水量は多め。



予定通りの時間に雪上車と合流。キャット&キャンプツアー、無事に終了となりました。

#天狗原山 #金山 #キャンプ #雪上車 #バックカントリー #テレマークスキー #ガイド