BLOG

2021/6/24~27 能登金剛

昨年は能登半島に来られなかったので2年ぶり。3泊4日での能登金剛ツーリング。



能登金剛といえば、富来の増保ヶ浦。今回もこの浜からスタート。

海のきれいさは変わらずですが、砂浜の面積がますます減ってしまったような気がします。



サクラガイに交じって、カシパンの一種も拾えます。この浜に来ると必ず探してしまう。



漕ぎ始めてすぐに夫婦岩。しめ縄をくぐります。



能登半島の海沿いの家は、黒い瓦が特徴。どの集落も色が揃っていて、統一感ある景観です。



天気も最高。



透明度も言うことなし。



                 岩場に近づける穏やかな日の楽しみ。



洞門は全部くぐりたい。



海に沈む夕日を眺めながら。



夕焼けと漁火。



2日目も増保ヶ浦からスタート。北へ向かいます。



灯台、風車、黒い瓦。



ブロックを積み上げたような特徴的な岩。



柱状節理?



船隠しに隠れる。



ここもお気に入りの浜。



ひたすら北へ



夏の雰囲気。



もう少し先まで行きたいところでしたが、向かい風が強くなってきたので、五十洲漁港へ上陸。

漁協の組合長さんに許可を頂き、一晩泊めてもらうことにしました。



漁港の朝。良い場所でした。



密漁、ダメ絶対!



朝の散歩。竹で作られた風よけ、間垣。



能登西海岸の風景です。



早川商店のアイスクリーム、食べたかった。



五十洲の小さな漁港。



長老とふれあい中。



3日目も穏やか。



無風。



フランス好き?色の順番が違うか。



休憩。輪島方面を目指すつもりでしたが、風向きが逆なのでここで引き返すことに。



巨大な岩が重なり合う。



ウミゾウメン。



素敵な浜でした。次回は絶対ここでキャンプしたい。



引き返し始めると風が止む。



そして、お気に入りの浜でキャンプ。ゴミも流木も全くない、クリーンな状態。



初日に買っておいた枝豆。



少し雲が多めな夕日。



流木不足で焚火出来ず。



無事に増保ヶ浦に到着。



温泉に入って、高菜で巻いたサバの巻き寿司で昼食。今回の旅の締めくくり。