BLOG

2019/3/25~28 信越トレイル スキー旅 Day1


鍋倉山や菱ヶ岳など、関田山脈の山に行く機会は多いですが、続けてツアーすることはなかなかありません。今回は縦走が好きなメンバーが集まり、4日のうち3日が晴れという天候にも恵まれたことで、スキー縦走のメインになる、鍋倉山~天水山まで麓の宿を利用した Hut to Hut スタイルで縦走することができました。雪が消えてからの新緑や紅葉の時期に歩くのももちろん良いのですが、タイミングさえ合えば、ルートを制限されないこの時期にスキーで移動するのが、いろいろな意味で一番楽しいなと感じた4日間です。

信越トレイル スキー旅

1日目 温井~関田峠~牧峠~森の家

初日は鍋倉山への入口、温井集落からスタート。

シンボリックな柳の木。個人的な目印です。

きれいに並んだブナ。

関田峠からの鍋倉山と黒倉山。

ここから尾根を滑って登っての繰り返し。

この緩やかな尾根の移動にはスキーが最適です。

ひたすら移動。

たまにはアクセントで新潟側に滑り込みます。

そして隣の峠に登り返し。

長野側は緩やかな斜面が続きます。

この日の最後は、鍋倉高原 森の家へ向かって、畑を滑り下りました。

森の家への宿泊できれば、スキーインできたのですが、今回は残念ながらタイミングが悪く宿泊できず。野沢温泉へ移動して泊りました。

#信越トレイル #バックカントリー #テレマークスキー #ガイド